福徳神社(芽吹稲荷) 宝くじ当選祈願「幸運鈴」を鳴らそう(東京都中央区日本橋)

宝くじを買ったら持ち歩いていますか?

タンスの引き出しや神棚など、自宅に保管する前に、当選祈願のため、宝くじを持って神社へ行きませんか?

当選確率がアップするかもしれませんよ。

今回は、東京都中央区日本橋にある、徳川家康公、秀忠公がいくども参拝したという、福徳神社についてお話していきます。

福徳神社

主祭神は、
 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
となります。

五穀豊穣のほか、宝くじ当選祈願のご利益がある神社として、有名ですよ。

スポンサーリンク

福徳神社の特徴

『幸運鈴』で宝くじ当選祈願

宝くじを買ったら、福徳神社へ持っていきましょう。

拝殿にあるお賽銭箱の横に、宝くじ当選祈願をするための幸運鈴があります。

鈴

写真の左上をよく見てください。

持参した宝くじを三宝の上にのせて、その上で、幸運鈴を鳴らしてから、祈願します。

外れた宝くじを納めることもできます。

「神主さんに祈願してほしい。」という、あなた。

厄除け祈願のように、昇殿にあがり、宝くじ当選祈願もお願いすることが可能です。
祈願

巨大なお守りと写真撮影もできますよ。

友人や恋人、家族と一緒に撮影したら、ご利益がありそうですね。

お守り

そして、社務所では、宝くじを保管する袋や富籤守(とみくじまもり)もいただけますよ。

宝くじ当選祈願めぐりができる

宝くじの当選祈願なら、合わせて参拝していただきたい神社があります。

それは、福徳神社から徒歩10分のほどの所にある椙森神社です。

椙森神社(すぎのもりじんじゃ)についてはこちらを見てくださいね。
椙森神社 宝くじが的中する?日本で唯一の富塚へ当選祈願

こちらの神社も宝くじ的中のご利益があります。

宝くじをしまう前に、合わせて宝くじ当選祈願めぐりをしてくださいね。

「芽吹(めぶき)稲荷」の由来

芽吹稲荷の由来は以下のとおりです。

江戸幕府二代将軍の徳川秀忠公が、慶長19年(1614)正月8日に参拝したときのこと、椚(クヌギ)の皮付き鳥居に、春の若芽が萌え出たのをご覧になり、神社の別名を『芽吹稲荷』と名づけられた

今でも『芽吹稲荷』や『芽吹神社』と呼ばれ、その名で親しまれています。

のぼりも福徳神社と芽吹稲荷のどちらも立っています。

のぼり

新社殿は防火備蓄倉庫

2014年10月に新社殿が完成しました。

神社殿には、地下があり、神輿倉横から降りられます。

地下1階は駐輪場、地下2階は防災備蓄倉庫が作られて、その広さが約360平方メートル、つまり、360m × 360m もあり巨大な広さです。

この備蓄倉庫は、となりにあるコレドと地下通路でつながっています。

災害時には帰宅困難者に提供する水や食料が、1,800人 × 3日分の備蓄量もあるとのこと。 

起こらないほうが良いのですが、災害が発生した時に日本橋近くにいたら、福徳神社を目指してくださいね。

「福徳の森」は憩いの場

福徳神社のとなりには、薬祖神社、そして、福徳の森、芽吹茶屋という憩いの場があります。

福徳の森
福徳の森

薬祖神社
薬祖神社

芽吹茶屋
芽吹茶屋

薬祖神社の御祭神は、
大己貴命(おおなむじのみこと)と
少彦名命(すくなひこなのみこと)で
ともに、医薬の祖神です。

日本橋は江戸時代から薬種問屋が軒を連ね、今でも製薬会社が集まっており、製薬業界の崇敬をうけております。

薬祖神社は病気平癒や無病息災のご利益があります。

福徳神社の金運と、薬祖神社の健康運をいただくため、合わせて参拝してくださいね。(→薬祖神社の詳細についてはこちら

そして、芽吹茶屋。

芽吹茶屋は、大判焼きが有名です。

私が行ったときは朝早かったので、お店が開いていませんでした。

こちらは別途レポートしますね。

今回いただいた御朱印

御朱印は、拝殿横にある社務所でいただけます。
初穂料は、300円。

福徳神社御朱印

祭典や季節の行事などのある日には、特別な御朱印がいただけます。

福徳神社オンラインツアー

神社の入り口です。
福徳神社

鳥居の左奥が拝殿です。

拝殿に向かうと、右側に手水舎があります。

手水舎の奥は、福徳の森になります。
手水舎

手水舎

左側には、献上用のお米が栽培されています。
お米

正面が拝殿です。
拝殿

拝殿右の狛狐です。
狛狐

拝殿左の狛狐です。奥に、大きなお守りと幸運鈴があります。
狛狐

境内を出て、福徳の森に移動します。
福徳の森

奥に、薬祖神社が鎮座しています。
薬祖神社

地図だとこんな感じです。
地図

■2017年4月29日撮影

福徳神社 - 東京都中央区日本橋 - Hukutoku Shinto Shrine

福徳神社の情報はこちら

御祭神

【主祭神】
 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

【相殿】
 天穂日命(あめのほひのみこと)
 大己貴命(おおなむちのみこと)
 少名彦命(すくなひこなのみこと)
 事代主命(ことしろぬしのみこと)
 三穂津媛命(みほつひめのみこと)
 太田道灌(おおたどうかん)
 弁財天(べんざいてん)
 徳川家康(とくがわいえやす)

ご利益

宝くじ当選、五穀豊穣、商売繁盛、良縁成就、旅行安全

御朱印・御朱印帳

御朱印:あり(祭典や季節の行事ごとに特別な御朱印あり)

御朱印帳:あり

(受付:10時~15時、お守りなど:9時~17時)

祭事

2月牛の日:初牛祭
3月3日:上巳の節句(雛祭)
5月5日:端午の節句
5月9日:例大祭
10月16日:神幸祭
毎月:月次祭

鎮座地(住所)

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-4-14

アクセス

東京メトロ 三越前駅・新日本橋駅 よりすぐ
JR 東京駅,・神田駅 より徒歩10分

駐車場

なし

ホームページ

http://mebuki.jp/

周辺地図



 うつ病が治った神社めぐりの軌跡をたどってみませんか? 

縁結び・仕事運アップまとめ

東京都の神社一覧

埼玉県の神社一覧

御朱印・御朱印帳図鑑

日記

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク